“浪速のジョー”辰吉丈一郎夫妻、直してほしいところは「全部」と意見が一致! (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“浪速のジョー”辰吉丈一郎夫妻、直してほしいところは「全部」と意見が一致!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
辰吉丈一郎(たつよし・じょういちろう)(右)/1970年、岡山県生まれ。父・粂二さんの指導で5歳からボクシングを始める。中学卒業後に大阪帝拳ジムに入門。89年プロデビュー。日本最速タイの4 戦目で日本王座、当時日本最速の8戦目で世界王座(WBC世界バンタム級)を奪取。21歳で結婚。網膜剥離による引退危機を乗り越え、2度王座を奪回した。2008年に国内ライセンスを失効。所属ジムからは引退勧告を受けたが、現役続行の道を模索し、タイで2試合を行った。プロ通算28戦20勝(14KO)7敗1分け。辰吉るみ(たつよし・るみ)/1966年、大阪府生まれ。高校卒業後に家事手伝いをしながら当時珍しかった女性トレーナーを目指して大阪市内のボクシングジムに入門。21歳で夫と出会い、25歳で結婚。2男をもうけた。著書に『辰吉家 天下無敵の子育て』(ネコ・パブリッシング)、『無敵 わたしはリングに上がらない辰吉丈一郎』(ベースボール・マガジン社)がある。(撮影/写真部・小原雄輝)

辰吉丈一郎(たつよし・じょういちろう)(右)/1970年、岡山県生まれ。父・粂二さんの指導で5歳からボクシングを始める。中学卒業後に大阪帝拳ジムに入門。89年プロデビュー。日本最速タイの4 戦目で日本王座、当時日本最速の8戦目で世界王座(WBC世界バンタム級)を奪取。21歳で結婚。網膜剥離による引退危機を乗り越え、2度王座を奪回した。2008年に国内ライセンスを失効。所属ジムからは引退勧告を受けたが、現役続行の道を模索し、タイで2試合を行った。プロ通算28戦20勝(14KO)7敗1分け。
辰吉るみ(たつよし・るみ)/1966年、大阪府生まれ。高校卒業後に家事手伝いをしながら当時珍しかった女性トレーナーを目指して大阪市内のボクシングジムに入門。21歳で夫と出会い、25歳で結婚。2男をもうけた。著書に『辰吉家 天下無敵の子育て』(ネコ・パブリッシング)、『無敵 わたしはリングに上がらない辰吉丈一郎』(ベースボール・マガジン社)がある。(撮影/写真部・小原雄輝)

夫:たいていの人間は自分のことをあいまいにしてるのに、「お前のため」って言う。自分のことをできん人間が、何で人のことをできんのって思う。まず自分のことをした上でやろって。

妻:若い時はすごいケンカしてたけど、小さいこと言い合っているうちに何が原因だったか忘れて。だから大きなケンカにはならんよね。寿以輝(じゅいき=次男)がおなかにいて不安になって、(ボクシングを)もうやめてほしいと頼んだ時も、ジョーちゃんは「わかった」と言いながら夕方には「行ってきます」とジムに行く。で、こっちも「行ってらっしゃい」と見送った。

夫:その時だけは、やめないならどうしても離婚すると言ってた。あまりに離婚、離婚と言うから、離婚を経験してみたいんやって思って。なら離婚してみよう、もう一回プロポーズして再婚しようって言った。

妻:変なところポジティブやからなあ。

夫:ケンカするほど仲がいいと言うやん。ケンカせんと、相手のいいとこも悪いとこもわからんし。

妻:どこにいてもこのまま。レッドカーペットの上(東京国際映画祭の阪本順治監督のドキュメンタリー映画「ジョーのあした─辰吉丈一郎との20年」の舞台あいさつ)でも同じ。何でこんな場所であんたと一緒に歩かなあかんねんって。私は映画にほとんど出てないのに、こんな時だけ引っ張り出されて。

夫:着物着て、これ見よがしに歩いとったやないか。

――出会うべくして出会ったような二人。互いに直してほしいところはあるのか。

妻:全部!

夫:全部! でも、直してしまったらおもしろくないな。その時点で結婚生活がおもしろくないっていうことになるから、今のままでええな。

――次男の寿以輝はプロボクサーの道を歩き始め、20歳で結婚。今年7月には子どもが生まれた。

妻:おじいちゃんは、初めての女の子でどうしていいかわからない。

夫:かわいいのは当然やけど、抱いた時の感じが女の子は違う。寿希也(じゅきや=長男)も寿以輝もなんとなく抱いた感覚は覚えてる。赤ちゃんはみんな柔らかいけど、女の子はきゃしゃなんよ。こんなんやったかなと思いながら毎回抱いてる。(プロボクサーとしての息子の将来は)自分のことを終えんとどうにもならんから、考えないな。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい