森光子さん御用達の老舗和菓子屋 “縁起がいい”お弁当とは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

森光子さん御用達の老舗和菓子屋 “縁起がいい”お弁当とは?

連載「楽屋の流行りモノ」

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

桃六は、芸能人御用達の和菓子屋。どら焼きや豆大福など丁寧に手作りされた味が支持されている。お弁当の販売は、お昼の時間帯だけで、売り切れたら終了。幕の内弁当630円。11月中旬ごろまで栗おこわ(700 円)もある。東京都中央区京橋2-9-1。平日9~18時、土曜9~15時(日祝休)

桃六は、芸能人御用達の和菓子屋。どら焼きや豆大福など丁寧に手作りされた味が支持されている。お弁当の販売は、お昼の時間帯だけで、売り切れたら終了。幕の内弁当630円。11月中旬ごろまで栗おこわ(700 円)もある。東京都中央区京橋2-9-1。平日9~18時、土曜9~15時(日祝休)

 そして著名人のエピソードで、もっとも有名なのは、森光子さんが国民栄誉賞を受賞した際、関係者に御礼として配ったのが『桃六』の「どら焼き」だったこと。

 実は、芸能人がよく利用したり、番組プロデューサーが名入りの「どら焼き」を注文したりする店は他にも何軒かあり、いずれまた紹介させていただく。「放浪記」の森光子さん御用達→帝国劇場→ジャニーズの舞台……というのは美しすぎるほど繋がるし、冒頭に記したように「縁起」を重んじれば『桃六』に決まりだ。

 そんな『桃六』が、和菓子同様、一品、一品、律儀に手作りしているのが「桃六弁当」。お煮しめ、肉団子、卵焼きなど、日本人にはおなじみのおかずが、ちょっと濃いめの味付けでギッシリ詰まっている。

 ご飯は、白飯もあれば赤飯もあって、注文の際、選ぶことができるようだ。

 通常、舞台の休憩時間は20~30分。その間にトイレも済ませたいし、せっかくだから、お弁当も食べたい。でも、濃い味のものを食べたら喉が渇くし、ご飯を喉に詰まらせてしまうこともあるかもしれない。でも、『桃六』が幕間に食べる人のことを思い、心をこめているからなのか、そういうことがないような……。『桃六』が選ばれる理由は、「縁起」だけではなかった。

週刊朝日 2017年10月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。TBS系「サンデー・ジャポン」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい