春風亭一之輔「◯◯の秋」に苦言「魅力がアップしたような錯覚を……」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春風亭一之輔「◯◯の秋」に苦言「魅力がアップしたような錯覚を……」

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です。

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です。

『秋』はイライラする(※写真はイメージ)

『秋』はイライラする(※写真はイメージ)

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は、「○○の秋」。

*  *  *
『秋』はイライラする。ここ数年『秋』がくると鼓動が速くなって仕方ない。

 前から思ってたけど、『秋』ってちょっとお高くとまってないか? いい気になってないか? 調子に乗ってないか? どうなんだ? 『秋』?

 だいたい『春』と『秋』は、他人からひどく怒られることなどないだろう。『夏』や『冬』みたく、やれ「暑いんだよ、コノヤロウ!」だの「寒過ぎだよ、まったく!」だの、いわれのない罵声を浴びせられることは滅多にないはずだ。

「あんた、ぽかぽかしていいわねぇ」とか「なんとも涼しくてありがたいよ、キミは」とか。大した努力はしてないのに、『春』と『秋』は生まれながらのほどの良さで、みんながチヤホヤしてくれる。

 特に『秋』に漂うそこはかとない気品。悔しいけどワンランク違う。悔しがっても『秋』のヤツは「そうかなぁ?……自分じゃよくわからないけど(笑)……」とかシレッと言うのだろうが。

「○○の秋」というフレーズ。「食欲」「芸術」「スポーツ」「実り」などがアタマに付きがちだが、「○○の秋」というふうに『秋』と結びつくだけで、なんだか魅力がアップしたような錯覚を起こさせる。

 例えば「食欲の秋」は、(多少食べ過ぎてもこの季節は世間が許してくれるはず。だってしょうがないじゃない……いま『秋』なんだから……美味しいんだから)と、我々の甘えた感情さえも引き起こす。これはよくない。ただでさえ食べ物の美味しい時期に「食欲の秋」なんて謳うのはかなり危険過ぎだ。

 いっそ「食欲の夏」にしたらどうか? 食欲のわかないクソ暑い季節にこそ、「食欲の~」を表して食欲を促すべきなんじゃなかろうか。「食欲の夏」「芸術の夏」……字面がかなり暑苦しい……ムリはあるが、いつまでも『秋』にいいようにされてる場合でもないはず。『秋』から自由になるべきなんじゃない?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい