AERA dot.

追悼式で異変も 「右派」色強める小池百合子に大ブーイング

このエントリーをはてなブックマークに追加

「右派」な一面をあらわにし始めた小池都知事。都議選を終え、「よそ行き」の顔はおしまい?(撮影/横田一)

「右派」な一面をあらわにし始めた小池都知事。都議選を終え、「よそ行き」の顔はおしまい?(撮影/横田一)

 都議選に圧勝した小池百合子東京都知事への“ブーイング”が高まっている。

 きっかけの一つは、歴代都知事が毎年送付してきた関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼式典への追悼文について、小池知事が送付を見送ったことだ。

 9月1日に東京都墨田区の都立横網町公園であった追悼式には昨年の倍以上という約500人が出席。出席者からは小池知事の方針を「到底容認できない」などと抗議する声が相次いだ。

 式には、もう一つ例年にない“異変”があった。会場からわずか20メートルほどの地点で「そよ風」という右派団体が同時刻に集会を開催。「六千人虐殺は本当か!」と虐殺を否定するようなメッセージが日の丸とともに掲げられた。朝鮮人虐殺の実態を調査してきた一般社団法人ほうせんかの西崎雅夫理事がいう。

「今回の集会のように歴史を否定したり外国人を差別したりする風潮が強まり、不安な気持ちで暮らす在日朝鮮人も多い。小池知事の判断はこうした流れを助長してしまった」

 日本会議国会議員懇談会の副会長を務めるなど「右派」の素顔を持つ小池知事。1日の会見で虐殺への認識を聞かれると「いろんな史事として書かれているものがございます。歴史家がひもとくもの」と明言を避けた。朝鮮人虐殺をテーマにしたノンフィクション『九月、東京の路上で』の著者の加藤直樹氏がこう語る。

「知事が虐殺を事実と明言しなかったことを口実に、今後、歴史修正主義的な団体が都の文書や展示から『虐殺』の文言を外させたり、追悼式の開催を妨害することも起こりうる」

 知事への批判は、築地市場の移転問題でも高まっている。当初、移転を中止するかとも思われたが、豊洲へ移転して築地を再整備するという“玉虫色”の方針を発表。知事の“変節”に移転反対派から怒りの声が上がっている。

 東京中央市場労働組合の中澤誠執行委員長がいう。

「都と市場関係者との約束である『無害化』を反故にし、豊洲移転と築地解体の日程ゴリ押しにまい進し始めた。従来の自民党や石原慎太郎元都知事と同じ立場になってしまった」

 当初は小池知事に肯定的な発言をしていた元都知事候補の宇都宮健児弁護士も、移転問題のシンポジウムで「仲卸業者が座り込みをすれば移転中止に追い込める」と批判に舵を切った。 折しも豊洲市場ではカビが大発生して騒動となった。小池都政も、実績を出す前にカビだらけ、とならねばいいが……。(本誌・直木詩帆、西岡千史、太田サトル、小泉耕平/横田一)

週刊朝日 2017年9月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   小池百合子 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加