骨折や窒息も 「家庭用健康器具」に潜む“危険度”

2017/09/05 07:00

 健康志向の高まりで、日常的に利用する人も多い家庭用フィットネス器具。一方で、骨折ややけどなど重傷を負った例も報告されている。使い方を誤ったり、体力や筋力に合わない器具を使ったりすると、ケガの原因になりかねない。自分の使い方や扱いに危険はないのか。改めて確かめてみよう。

あわせて読みたい

  • 「筋肉がつく」もアウト 巧妙な広告で釣る健康器具

    「筋肉がつく」もアウト 巧妙な広告で釣る健康器具

    週刊朝日

    9/5

    マッサージ・整体の健康被害が続出 肩こり治すはずが頚椎損傷に

    マッサージ・整体の健康被害が続出 肩こり治すはずが頚椎損傷に

    週刊朝日

    11/24

  • ママ医師と考える 年末年始「帰省先での子どもの事故やケガ」 その対策とは?
    筆者の顔写真

    森田麻里子

    ママ医師と考える 年末年始「帰省先での子どもの事故やケガ」 その対策とは?

    dot.

    12/25

    「これでは腰痛は治らない」五輪ドクターが整形外科医に喝!!

    「これでは腰痛は治らない」五輪ドクターが整形外科医に喝!!

    週刊朝日

    7/12

  • 驚きの結果が! 70年代に一世を風靡「ぶらさがり健康器」を今あえて使ってみたら…

    驚きの結果が! 70年代に一世を風靡「ぶらさがり健康器」を今あえて使ってみたら…

    dot.

    6/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す