桃井かおり「結婚して一人ぼっちの恐怖を感じるようになった」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

桃井かおり「結婚して一人ぼっちの恐怖を感じるようになった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
桃井かおりさん(撮影/伊ヶ崎忍)

桃井かおりさん(撮影/伊ヶ崎忍)

「ふたりの旅路」/6月24日(土)渋谷ユーロスペース、丸の内TOEIほか全国順次公開/配給: エレファントハウス (c)Krukfilms/Loaded Films 

「ふたりの旅路」/6月24日(土)渋谷ユーロスペース、丸の内TOEIほか全国順次公開/配給: エレファントハウス (c)Krukfilms/Loaded Films 

 主演した映画「ふたりの旅路(原題・Magic Kimono)」が日本で封切られた桃井かおりさん。米国・ロサンゼルスから帰国した桃井さんに独占インタビューし、映画の魅力と美しさの秘訣を聞いた。

――(試写を観て)桃井さんがとにかく可愛かったです。

桃井「私が今回演じたケイコは、典型的な、日本の風にあたって育っている女性。

 私は、あれは可愛いとは思えないんですよ。自分から自分の考えで、時間を動かしていくことがあまりできないタイプで、私に言わせれば、『やでしょ~。こういうオンナ』。感じ悪くない感じ悪さ、とでもいいましょうか。日本で安全に、人から嫌われないようにほどよく暮らすには、ああいう感じが必要なのかもしれませんね。

 そういう意味でも、今回の映画では、典型的な日本人女性を演じたつもり。海外の目線でケイコのような人を観ると、たぶんまどろっこしくて、『もっとはっきりしてよ』ってなるかもしれない」

 ケイコは、人生の大切なものをすべて失い自分の殻に閉じこもってしまう。海外へ行くようなタイプではないが、あることをきっかけに行く。しかも、現地で着物ショーの舞台に立ち、テレビ番組にも出てしまうのだ。異国の地でラトビア人との出会いを通し、心を再生させていく過程が「食」とともに描かれている。言葉は話せないが、ケイコは「食」でラトビア人とコミュニケーションをし、心を通わせる。

――可愛いと言ったのは、ケイコ役のことではなく、桃井さん本人の出で立ちのことです。その美しさの秘訣は?

 桃井「SK-II(笑)。でももう媚びる必要ないでしょ、この歳で。日本にいると、可愛くいなくちゃいけない。それって辛いよね」

――桃井さんは生活の拠点をアメリカに移されています。

 桃井「今はL.A. の田舎で、のんびり暮らしています。日本にいた時の桃井かおりの皆さんの癇に障った感じは、向こうではそうとられない(笑)。あぁ付きあいやすいって、好かれますよ。日本よりも(笑)」

――すっかり海外のイメージが定着しました。

 桃井「もう10年以上海外暮らしですが、私が海外で暮らすなんて、考えてもいませんでした。というのも和食屋が全然なかった50年前のロンドン暮らしで、もう海外は凝りていたから。

 でも父が他界して、スペインに行き、短編製作に出演した。その後は、海外のオーディションを受けて、出演を続けます。これはまるで英語が堪能だった父に導かれるようでした。今回の『ふたりの旅路』の監督のマーリス・マルティンソーンスとは、7年前からタッグを組んでいて、全幅の信頼を寄せています。」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい