AERA dot.

一之輔「また◯◯かよ」という客に「飽きてるようじゃまだまだ全然!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもの『ネタ』を頼んでおけば、ハズレなし(※写真はイメージ)

いつもの『ネタ』を頼んでおけば、ハズレなし(※写真はイメージ)

 落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は、「ネタ」。

*  *  *
 寄席や落語会で「また◯◯かよ……」という顔をするお客さんがいます。◯◯は落語のネタ。

 そんなお客さんは、だいたい最前列でメモを取りながら聴いてる常連・落語マニアで、SNSやブログに「聴き飽きた」だの「勉強不足」だの辛辣な意見を書き込む人もいます。失礼を承知で言わせていただければ、「通いつめるキサマに問題あり!」。もっと言うと、「飽きてるようじゃまだまだ全然!」。

 聴き飽き抜いて、その先にはバカになっちゃう落語トランス状態が待っています。噺家と同じ間で噺をなぞれたり、「今日はここの言い回し違うね……」とか、ジャンキーな楽しみ方。同じネタ聴いて文句言ってるようじゃ、まだ甘いな。

 プロの噺家は、基本的に常に不特定多数・最大公約数のお客さんが笑えるネタをやるべきだと思うのです。ま、そんなネタを増やすのもプロの仕事なんですけど、これがなかなか大変。噺家も人間ですから安全パイについつい頼ってしまうの。

 私も落語に限らず、冒険が苦手で安パイに走りがち。

 映画なら『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』。1年に何度か観ます。新作で後悔するより、ハリソン・フォードが猿の脳ミソや虫料理を振る舞われるの観てキャーキャー言っていたい。

 漫画も手塚作品と藤子作品。『火の鳥』と『アドルフに告ぐ』と『ドラえもん』と『まんが道』を棺桶に入れてくれ。

 ドラマは昔は『スクール・ウォーズ』。今なら朝ドラの『ひよっこ』しか観ない。私も乙女寮に入ってコーラスしたい。でも川浜高校には入りたくない。

 着るものは無印良品。靴はカンペールのスニーカー。髪形は近所の床屋さんで坊主。朝飯はアジの開きと目玉焼き。携帯はガラケー。酒なら寄席の近くの焼き鳥屋でホッピー。旅行なら温泉。パンツはユニクロのボクサートランクス。スパゲティはナポリタン。寝るのは畳に布団。枕は薄め。洗剤はアタック。おしゃれ着洗いはエマール。

 いつもの『ネタ』を頼んでおけば、ハズレなし。寿司ならウニ・ミル貝・しめサバかな……。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   春風亭一之輔 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加