吉田鋼太郎は「スケベそう」? 黒柳徹子が推薦した役とは

2017/06/11 07:00

吉田鋼太郎(よしだ・こうたろう)/1959年生まれ。東京都出身。97年劇団AUNを結成。シェイクスピア作品を筆頭に数々の舞台に出演、演出も手がける。2014年芸術選奨演劇部門文部科学大臣賞受賞。16年10月「彩の国シェイクスピア・シリーズ」2代目芸術監督(撮影/山本倫子)
吉田鋼太郎(よしだ・こうたろう)/1959年生まれ。東京都出身。97年劇団AUNを結成。シェイクスピア作品を筆頭に数々の舞台に出演、演出も手がける。2014年芸術選奨演劇部門文部科学大臣賞受賞。16年10月「彩の国シェイクスピア・シリーズ」2代目芸術監督(撮影/山本倫子)

 俳優・吉田鋼太郎さんは高校生のとき、初めてシェイクスピア劇を観た。以来ずっと、“シェイクスピア的なもの”に取り憑かれている。人間が自分の中に湧き上がる感情のエネルギーを、言葉でぶつけ合う。怒鳴り、嘆き、絶叫する。そこには、言葉とともに生きる人間の有り様が描かれる。だから吉田さんは思うのだ。膨大な台詞は、膨大なエネルギーの発露だと。そんな吉田さんが、「今まで観たミュージカルの中で一番面白い」と断言するのが、「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」である。英国での初演以来、全世界で1千万人以上の観客を動員し、80以上の演劇賞に輝いた。2015年に日本人キャストによる日本での上演が決定し、全キャストがオーディションで選出されることに。ミュージカルのDVDを観た吉田さんは、「この役は他の人にはやられたくない」と、オーディションに参加。見事、主人公ビリーの父親役を勝ち取った(益岡徹さんとのダブルキャスト)。東京・大阪合わせて3カ月のロングラン公演である。

「僕がこれを観たとき、実は、ものすごくシェイクスピア的だなと思ったんです。炭鉱町が舞台で、日常的な、ありふれたお父さんと子供の話なんだけれど、全員がものすごく自分の考えを主張し合う。主張がピークまでいったとき、その感情が歌になって、自然に体が踊りだす。父親にダンスを反対されたビリーが、絶叫しながらタップダンスを踊るシーンは、シェイクスピアのリア王が、娘たちにたらい回しにされて、慟哭するシーンに重なったり(笑)。子供だけでなく、お父さんもおばあちゃんも、登場人物全員が壁にぶつかり、葛藤し、それを乗り越えて成長していく。内包するエネルギーが爆発して、歌や踊りとして表現されるところがすごく自然で、理想的なミュージカルだと思いました」

1 2

あわせて読みたい

  • 「どんな時でも常にガチ」? 黒柳徹子が芸人を追い詰める理由

    「どんな時でも常にガチ」? 黒柳徹子が芸人を追い詰める理由

    週刊朝日

    6/4

    「花子とアン」でおなじみの吉田鋼太郎 映画・テレビ出演のきっかけは小栗旬

    「花子とアン」でおなじみの吉田鋼太郎 映画・テレビ出演のきっかけは小栗旬

    週刊朝日

    7/15

  • 吉田鋼太郎、松本潤や小栗旬らと「『オレも交ぜて』という気持ちで付き合ってます」

    吉田鋼太郎、松本潤や小栗旬らと「『オレも交ぜて』という気持ちで付き合ってます」

    AERA

    3/8

    吉田鋼太郎、蜷川幸雄に「やる気のない奴は、鋼太郎と絡ませる」と言われたワケ

    吉田鋼太郎、蜷川幸雄に「やる気のない奴は、鋼太郎と絡ませる」と言われたワケ

    AERA

    3/13

  • 吉田鋼太郎の初舞台は妖精役 でも「おまえ、照明係に代われ」と言われ…

    吉田鋼太郎の初舞台は妖精役 でも「おまえ、照明係に代われ」と言われ…

    週刊朝日

    9/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す