室井佑月「そのときNHKは」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「そのときNHKは」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜに、共謀罪・強行採決がNHKで流れなかったのか?(※写真はイメージ)

なぜに、共謀罪・強行採決がNHKで流れなかったのか?(※写真はイメージ)

 作家・室井佑月氏は、安倍晋三首相に異を唱える自民党内の勢力に期待する。

*  *  * 
 安倍首相は日本会議主導の集会で、2020年に改正憲法の施行を目指すと、ビデオメッセージの中で述べた。読売新聞の単独インタビューでも、おなじことをしゃべった。もちろん、そのことは国会で野党議員に突かれた。あの人はなにが悪いかわからなかったみたいだ。「(私の考え方を知りたいなら)読売新聞を読め」と言い放った。

 国会軽視もいいところ。あれが首相なんて怖くないか?ってなことを感じたのは、あたしだけじゃないみたいだ。

 あの人に異を唱える議員が自民党から出て来た。

 石破茂議員は、来年秋の「総裁選で安倍首相と改憲を論戦する」と週刊朝日のインタビューで“宣戦布告”。岸田文雄外相も岸田派の会合で、安倍首相の9条改正宣言に対して、改正は当面不要と明言した。

 衆院憲法審査会の幹事を務める船田元(はじめ)議員も、BSの番組で、改憲の国民投票と、国政選挙とを同時投票することについて反対だと堂々と語った。

 そして5月16日、自民党の村上誠一郎議員や野田毅議員、野田聖子議員など、安倍政権に批判的なスタンスをとる実力派の議員が中心となった「反アベノミクス」の勉強会が開かれた。

 遅いよぉ……じゃなくて、よくぞ立ち上がってくれました! もうあたし、安倍首相じゃなかったら、誰が頭でも構わない気がしてる。

 国会答弁、外交、あの人のほとんどがデタラメで出来ているんじゃなかろうか。上手いのはマスコミの懐柔だけでさ。

 なぜに、19日、衆議院法務委員会の共謀罪・強行採決がNHKで流れなかったのか? ニュースで言い訳程度に流したものの、大事なそのときに流れていた番組は、洋服のリフォーム、ご当地グルメ。公共放送、どうなってるんだ?

 憤っておったら理由がわかった。安倍首相が委員会の場にいなかったからだとか。彼がいなきゃ、共謀罪の強行採決でさえ、NHKはさほど大事な案件じゃないという判断みたいだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい