“一生食べられない”はかわいそう 患者家族を救ったのは歯科医だった!

シニア

2017/04/04 07:00

 肺炎や骨折など、誰にも起こりうる病気やケガをきっかけに、のみ込む力が落ち、以降医師に食べることを禁じられる。高齢者に限った問題ではなく、元気なはずの50~60代が脳梗塞などを機にそうした状態に陥る場合もある。食べる力を取り戻す専門家の取り組みを取材した。

あわせて読みたい

  • 誤飲を招く「嚥下障害」 85%が食べられる可能性ありのデータも

    誤飲を招く「嚥下障害」 85%が食べられる可能性ありのデータも

    週刊朝日

    4/4

    高齢者に限らない「誤嚥性肺炎」の恐怖! 医師が語る注意点

    高齢者に限らない「誤嚥性肺炎」の恐怖! 医師が語る注意点

    週刊朝日

    11/28

  • モンキー・パンチさんの命を奪った急増する「誤嚥性肺炎」の恐怖 医師が指摘する“危ない習慣”

    モンキー・パンチさんの命を奪った急増する「誤嚥性肺炎」の恐怖 医師が指摘する“危ない習慣”

    週刊朝日

    4/17

    誤嚥性肺炎を防ぐ 食事中の注意点とは?

    誤嚥性肺炎を防ぐ 食事中の注意点とは?

    dot.

    9/5

  • 口内細菌が肺に垂れ流し 気づかぬまま進行する誤嚥性肺炎

    口内細菌が肺に垂れ流し 気づかぬまま進行する誤嚥性肺炎

    dot.

    9/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す