東芝巨大損失リスク 原発に続きLNG事業でも

企業

2017/02/15 07:00

 大手電機メーカー東芝が原子力発電事業の失敗で揺らいでいる。損失額は7千億円前後とみられ、隠れていたリスクが一気に表面化した。実は、東芝が抱える“爆弾”は原発だけではない。液化天然ガス(LNG)事業を巡り、最大約1兆円もの損失リスクがあるのだ。もし第2の爆弾が破裂すれば、その衝撃は計り知れない。

あわせて読みたい

  • 瀬戸際の東芝を襲う4つの更なる「時限爆弾」

    瀬戸際の東芝を襲う4つの更なる「時限爆弾」

    ダイヤモンド・オンライン

    2/6

    「技術と人材を守るべき」 専門家に聞いた東芝“再建”の可能性

    「技術と人材を守るべき」 専門家に聞いた東芝“再建”の可能性

    AERA

    4/13

  • 東芝赤字1兆円で半導体を売ったら後に何が残るのか

    東芝赤字1兆円で半導体を売ったら後に何が残るのか

    ダイヤモンド・オンライン

    4/3

    「売れるものは何でも売る」東芝は生き残るも解体か…

    「売れるものは何でも売る」東芝は生き残るも解体か…

    週刊朝日

    2/1

  • 東芝「原発は安定事業」と誤判断 “寝たきり原発”にすがる悲惨な実態

    東芝「原発は安定事業」と誤判断 “寝たきり原発”にすがる悲惨な実態

    週刊朝日

    3/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す