早大に東大、京大…南極観測隊の始まりは“山岳部の競争”だった

2017/01/30 07:00

 1957年1月29日、未知なる氷の世界に、昭和基地は開設された。日本の南極観測の幕開けであった第1次隊。朝日新聞社の記録をはじめ、犬係だった北村泰一(85)ら1次隊員の証言などをもとに、観測に向けた準備や山男たちの様子を紐解いていく。(文中敬称略)

あわせて読みたい

  • 昭和基地開設から60年! 日本初「南極観測」実現までの道筋

    昭和基地開設から60年! 日本初「南極観測」実現までの道筋

    週刊朝日

    1/30

    南極観測「まだやってたの?」に愕然 宇宙でのケア研究も

    南極観測「まだやってたの?」に愕然 宇宙でのケア研究も

    AERA

    4/18

  • 今、南極観測隊を一番悩ませるのは◯◯ しらせも苦戦

    今、南極観測隊を一番悩ませるのは◯◯ しらせも苦戦

    AERA

    4/10

    月面での長期滞在「カギ」を握るのは日本のミサワホーム 南極で築き上げた成果が月で生きる理由

    月面での長期滞在「カギ」を握るのは日本のミサワホーム 南極で築き上げた成果が月で生きる理由

    dot.

    11/18

  • 1月29日は「南極の日」。南極では風邪にはかからないその理由

    1月29日は「南極の日」。南極では風邪にはかからないその理由

    tenki.jp

    1/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す