沢木耕太郎『春に散る』年配女性に異例の反響となった理由

2017/01/29 11:30

 2015年4月から16年8月まで朝日新聞に連載され、大きな話題を呼んだ作家・沢木耕太郎の小説『春に散る』が、改稿・加筆を経て、昨年の大みそかに単行本として刊行された。プロボクサー・カシアス内藤の再起を描いたノンフィクション『一瞬の夏』以来、35年ぶりの新聞連載でもあったこの作品について、著者に聞いた──。

あわせて読みたい

  • 「吉永小百合さんにも…」沢木耕太郎の“相手の心を開く”極意

    「吉永小百合さんにも…」沢木耕太郎の“相手の心を開く”極意

    週刊朝日

    4/7

    流星ひとつ

    流星ひとつ

    10/31

  • 江夏豊は「きれいな勝負をする人」作家・後藤正治が見た本質とは?

    江夏豊は「きれいな勝負をする人」作家・後藤正治が見た本質とは?

    週刊朝日

    9/23

    かつて「二世作家」と言われた作家・池澤夏樹、声優・池澤春菜との父娘書籍出版も「書くことは自分で這い上がるしかない」

    かつて「二世作家」と言われた作家・池澤夏樹、声優・池澤春菜との父娘書籍出版も「書くことは自分で這い上がるしかない」

    AERA

    7/26

  • 「誠実であるために書き続けたい」 作家・加藤シゲアキが語る「書くこと」の意味

    「誠実であるために書き続けたい」 作家・加藤シゲアキが語る「書くこと」の意味

    AERA

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す