尾上松也が「嫉妬させたい」相手とは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

尾上松也が「嫉妬させたい」相手とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
尾上松也(おのえ・まつや)/1985年生まれ。90年に二代目尾上松也の名で初舞台、以後子役として活躍する。立役、女形ともに評価が高い。バラエティー番組などでも活躍する(撮影/写真部・加藤夏子)

尾上松也(おのえ・まつや)/1985年生まれ。90年に二代目尾上松也の名で初舞台、以後子役として活躍する。立役、女形ともに評価が高い。バラエティー番組などでも活躍する(撮影/写真部・加藤夏子)

──憧れの人は?

尾上:特にいないです。誰かを目標にするのではなく、自分が何を達成したいかを考えています。父の存在は、ずっと意識してきた面があります。父を喜ばせたい。というよりは、嫉妬させたい。それが親孝行につながるのではと思っています。

──オフの過ごし方は?

尾上:最近は忙しく、お休みが全然ないんです。本当は大好きなディズニーランドに行きたいのですが(笑)、疲れるから連休でないと行けない。去年は友人の城田優と男2人でUSJに行ったので、それで良しかな。

 恋愛ですか? 最近は20代前半のように、気持ちの盛り上がりだけでは難しいですね。結婚願望はあります。今はお休みがほぼなく、それどころではないですが、忙しさも含めて今の状況を楽しみたい。今年も舞台やドラマなど多くの場を通じ、少しでも成長した姿を見て頂きたいですね。

週刊朝日  2017年1月20日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい