病床で「摂政を立てるのか」と尋ねた昭和天皇の真意 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

病床で「摂政を立てるのか」と尋ねた昭和天皇の真意

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#皇室
昭和天皇の真意とは(※イメージ)

昭和天皇の真意とは(※イメージ)

 1年4カ月にわたる闘病の末、昭和64年1月7日に崩御した昭和天皇。侍医を務めた伊東貞三さん(87)がその最期を明かした。

*  *  *
 昭和天皇の晩年、闘病中の陛下は、皇太子さまに臨時代行の形で国事行為を委任なさりました。そのことをとても気にかけておられ、侍従に対して「いつ戻すのか」「摂政でも立てるのか」とお尋ねになったという話が伝わっています。私も同じ話を御所で聞きました。

 ただ私は、その言葉は、天皇の地位を譲る、譲らないといった思いとは無縁なものだったと思っています。なぜなら、侍医長の判断で陛下にはがんの告知はしていません。陛下は、われわれ侍医を全面的に信頼してくださった。だから、病状や治療方針を、最後まで何もお聞きにならなかった。

 ご自身の病気は治るとお考えだったから、「いつ戻すのか」とお尋ねだったのではないでしょうか。

 最初の異変が昭和天皇を襲ったのは、昭和62年4月の天皇誕生日のことです。祝宴で嘔吐され、夏の那須御用邸では、食事を召し上がると、お戻しになった。

 皇居に戻った秋に、検査をすると、十二指腸が数センチにわたり細くなっていました。よくこれまで食べ物が通ったと思うほど、腸は縫い針のように細くなっており、すぐに手術を行いました。われわれ侍医は、このときに陛下の閉塞(へいそく)の原因をがんであると認識しました。

 1年4カ月にわたる闘病の間、陛下は最後まで「痛い」「苦しい」などとおっしゃらなかった。陛下は、「執着」だとか「私」という言葉から遠いところにある方でした。天性のご性格によるものかもしれません。ですから、そうした昭和天皇の姿を拝見した私には、国事行為についてお尋ねした昭和天皇に他意があったとは思えないのです。

 いつも泰然とされていた昭和天皇ですが、五女の島津貴子さまがお見舞いに姿を見せると、それは嬉しそうなご様子でした。

「おたかちゃん、おたかちゃん」と末っ子の貴子さまを可愛がって。貴子さまは、私たち侍医に対して、陛下の病状を詳しく尋ねていました。その場面だけは、一般の仲むつまじい父親と娘さんでした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい