長渕剛のFNS歌謡祭騒動に室井佑月「ろくなもんじゃねぇ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

長渕剛のFNS歌謡祭騒動に室井佑月「ろくなもんじゃねぇ」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#室井佑月
室井佑月氏「(長渕さんは)閉塞感たっぷりの世の中に、彼の武器である歌で、正面から穴を開けた。格好良かった」 (C)朝日新聞社

室井佑月氏「(長渕さんは)閉塞感たっぷりの世の中に、彼の武器である歌で、正面から穴を開けた。格好良かった」 (C)朝日新聞社

 作家・室井佑月氏は、マスコミの“レッテル貼り”する姿勢に苦言を呈する。

*  *  * 
 レギュラーで出ている「大竹まことゴールデンラジオ」、ゲストに石田純一さんがいらしてくれた(12月9日収録、16日放送)。

 都知事選に出馬するかしないかで揉めた経緯を伺ったのだが、

「本気で都知事になろうと思ったのか?」

 そうまわりの人々に嗤(わら)われた、という話をしていた。なぜ彼が、嗤われなきゃならない?

 都知事選は参議院選の直後にあった。参議院選では野党が共闘し良い流れが出来た。それに、小池百合子さんが出馬することとなり、自民党は分裂していた。

 でも、最大野党の民進党がすぐに候補を決められず、その経緯が毎日のようにメディアに取り上げられた。その間に、小池さんは自民と戦うといって、メディアジャック。そんな中、石田さんは、前に出てきた。

 出馬表明直後から「ただの目立ちたがり屋」とかコメンテーターたちにいわれ放題。けど、そんなことは想定内だったと思う。

 彼は安保反対デモに出て、仕事が激減した。家族もいるのに、目立ちたがり屋でそんなことするわきゃないだろ。

 あたしもまわりに注意されながらデモに出た一人だからわかる。国会前に一人でも多くの人間が集まれば、その思いに尽きた。

 逆にあたしは問いたい。石田さんを執拗に嗤い者にしたてあげたマスコミは、なぜそんなことをしたのかと。阿呆だというレッテルを貼り付けて、彼や彼のように動こうとしていた有名人の今後の動きを封じる、といった狙いはなかっただろうか?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい