【2016不倫】LINEで自滅のベッキー、ゲスの極み乙武も復活の兆し (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【2016不倫】LINEで自滅のベッキー、ゲスの極み乙武も復活の兆し

このエントリーをはてなブックマークに追加
ベッキー (c)朝日新聞社

ベッキー (c)朝日新聞社

 ゲス不倫の衝撃で幕を開けた2016年。“お騒がせな人々”を総ざらいする。まずはその不倫問題の主役から……。

「このタイミングで私に?と、ただただ驚きました」

 12月15日、都内で開かれた会見に今年のお騒がせ女王、ベッキーが笑顔で登場した。不倫騒動後、初となるテレビCMがLINE(年末年始に声の出演)に決まったのだ。

 そもそもベッキーと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の不倫騒動は、1月6日の謝罪会見後に週刊文春に掲載されたLINEのやりとりが決定的証拠となった。ベッキーが書いた〈センテンス スプリング!〉は2016年の流行語大賞にノミネートされた。

「まさに因縁のツールを宣伝するのだから、並々ならぬ意志の強さを感じます」

 と舌を巻く上智大学の碓井広義教授(メディア論)は、こんな前向きなベッキーを、“十分たたかれたよね”と世の中も迎え入れる雰囲気になったと話す。

「9月に川谷君が交際相手の未成年女性と飲酒した問題が発覚して、シーソーで言えば川谷君の価値が下がった分、ベッキーが浮上した感じがある」

 川谷は、ベッキーが犠牲を払う間にも「なんで俺が謝るんだ」とバンド活動を続けたが、飲酒問題で自粛に入った。ファンによれば、自粛前の最後のライブで「28歳はいい年にしたい」と言ったとか。マスコミへは、何かあればまた俺が悪者になる、と漏らしたとも。

 こんな川谷を「ガキやな」と失笑するのはテレビウォッチャーの吉田潮さん。

「素直すぎにもほどがある。取り繕うこともできず、恋愛哲学をそのまま言って、おこちゃまだ」

 一方、復活するベッキーにはこんなエールを送る。

「皆が“優等生キャラ”から引きずりおろしたがっていたけど、そのキャラを卒業できたのはめでたい」

 ベッキーがクリーンなイメージだったからこそ世間の驚きも大きかったわけだが、男性でイメージを覆した人物といえば5股不倫を告白した乙武洋匡氏だろう。今春、参院選立候補のうわさがあった中で“まさか”の発覚だった。碓井教授は言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい