留置して3年で溶ける!? 最新カテーテル治療

病気

2016/12/18 07:00

 狭心症・心筋梗塞へのカテーテル治療では、血管が詰まらないように金属製のステントを留置するのが一般的だ。そのステントの進歩は目覚ましく、2016年11月には「溶けるステント」が承認された。

あわせて読みたい

  • 野村沙知代さんを襲った「虚血性心不全」は寒い冬こそ要注意 予防法と最新治療とは

    野村沙知代さんを襲った「虚血性心不全」は寒い冬こそ要注意 予防法と最新治療とは

    dot.

    1/1

    急性心筋梗塞は30%が24時間以内に死亡 一刻も早く血流を再開させる治療法は?

    急性心筋梗塞は30%が24時間以内に死亡 一刻も早く血流を再開させる治療法は?

    dot.

    1/5

  • 年のせいじゃない! “息切れ”が心筋梗塞のサインの場合

    年のせいじゃない! “息切れ”が心筋梗塞のサインの場合

    週刊朝日

    10/14

    急性心筋梗塞に期待される新薬と治療法

    急性心筋梗塞に期待される新薬と治療法

    週刊朝日

    7/15

  • 【心カテーテル治療】狭心症患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説

    【心カテーテル治療】狭心症患者はどう治療法を選べばいい? 専門医が解説

    dot.

    3/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す