丸山茂樹 久々のタイガー・ウッズに「安定には時間が必要」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 久々のタイガー・ウッズに「安定には時間が必要」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#丸山茂樹
勇太の執念が実りました (c)朝日新聞社

勇太の執念が実りました (c)朝日新聞社

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、賞金王になった池田勇太選手、1年3カ月ぶりに競技に復帰したタイガー・ウッズ選手について語る。

*  *  *
国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」(12月1~4日、東京よみうりCC)で池田勇太(30)が2位に入り、ツアー参戦9年目で初の賞金王に輝きました。勇太、おめでとう!

 幕切れが今シーズン6度目の2位で、単独最多勝での賞金王とはいきませんでした。勇太は「達成感はあるけど、100点満点とはほど遠い。“中の上”ですかね」とコメントしてます。それでもね、8月以降のゴルフってのは、すさまじい集中力と忍耐力と、それから賞金王をとりたいという思いが毎試合のように出てました。そういう強い思いが、勇太を賞金王へと導いたのかなという印象ですね。

 今年の勇太はもう、車でいえばフルモデルチェンジですよね。クラブとウェアの契約を一新して、9月からは7年半も一緒だったキャディーとの契約も解消して。フルモデルチェンジで大ヒットした車じゃないけど、こういう年に念願の賞金王になるんですからね。立派なもんですよ。

 クラブを替えた年ってのは、うまくいく場合と逆の場合の両極端に出ることが多いです。勇太も最初は手探り状態でしたけど、夏ごろにクラブがフィットしてきて、そこからは毎試合のように優勝争いに顔を出してました。誰にも負けない賞金王への執着心というか、自分の明確なモチベーションがそうさせたんじゃないかと思いますけどね。絶対こうなる、という強い意識というか。

 キャディーの件についても大きな転機になったと思います。そのうちまた、いい相方が見つかると思うんですが、今年を乗り切れたっていうのが大きいですよね。僕は勇太から詳しいことを聞いたわけじゃないから、どうしてそうなったのかは分かりませんけどね。

 夏のリオデジャネイロ・オリンピックには、僕は日本代表のヘッドコーチ、勇太が選手という関係で参加しました。あのときに、日の丸を背負う意味の大きさを、想像以上に実感してると話してくれました。そして4年後の東京オリンピックへの気持ちも、分かち合えたと思ってます。頼もしいプレーをしてくれましたしね。そのまま日本ツアーでもやり抜きました。30歳で賞金王になり、来シーズンからまた、勇太の新たな挑戦が始まりますね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい