加藤綾子 フリー半年でCM3社の大活躍 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

加藤綾子 フリー半年でCM3社の大活躍

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
アナウンサー 加藤綾子(かとう・あやこ)/1985年、埼玉県出身。ニックネームはカトパン。2008年、国立音楽大学音楽学部音楽教育学科卒業後、フジテレビに入社。入社後は「めざにゅ~」「めざましどようび」「カトパン」などに出演。10年4月、「めざましテレビ」キャスターに就任。今年4月末にフジテレビを退社し、フリーアナウンサーに。「ホンマでっか!?TV」「スポーツLIFE HERO,S」「優しい人なら解ける クイズやさしいね」(いずれもフジテレビ)に出演中。初のエッセー集『あさえがお』(小学館)が発売中(撮影/写真部・堀内慶太郎、ヘア&メイク/平山直樹)

アナウンサー 加藤綾子(かとう・あやこ)/1985年、埼玉県出身。ニックネームはカトパン。2008年、国立音楽大学音楽学部音楽教育学科卒業後、フジテレビに入社。入社後は「めざにゅ~」「めざましどようび」「カトパン」などに出演。10年4月、「めざましテレビ」キャスターに就任。今年4月末にフジテレビを退社し、フリーアナウンサーに。「ホンマでっか!?TV」「スポーツLIFE HERO,S」「優しい人なら解ける クイズやさしいね」(いずれもフジテレビ)に出演中。初のエッセー集『あさえがお』(小学館)が発売中(撮影/写真部・堀内慶太郎、ヘア&メイク/平山直樹)

加藤:全然思っていないときでも、番組の改編期に合わせて、毎回のように記事が出ていましたから。

林:最終的には、社長に直接退社を伝えたんですよね。

加藤:私が直属の上司に伝えて、その方がまた上司に伝えて……と順番で行くと、どこかで漏れてしまうと思ったんです。社長と社員が直にコミュニケーションをとれるような社風ということもあって、直接お伝えしました。

林:当然、引きとめられたでしょう?

加藤:「お話があります」とお伝えした時点で、社長はわかっていたようです。「よく頑張ってくれたね」という言葉をかけてくださいました。

林:それはよかったですね。私は朝6時に起きるので「めざましテレビ」は6時過ぎから見ていましたが、あの番組、何時からやっているんですか。

加藤:5時25分からです。毎朝3時起きでした。

林:わっ……。朝はお迎えの車が来るんですよね。

加藤:はい。会社に行って、メイク室でお化粧をしながら、同時進行で髪の毛をやっていただいて。

林:それを何年続けたんですか。

加藤:「めざまし」を月~金でやったのはトータル4年半です。その前には朝4時からの「めざにゅ~」という生放送を週の半分やってました。フジテレビにいた8年のうち、7年半は早朝の番組でしたね。

林:それ以外にもレギュラー番組があったり、改編期には特番、特番で大変だったでしょう。

加藤:そうでしたね。朝から晩までずーっとフジテレビのスタジオにいて、ダッシュで帰って寝るという生活でした。

林:お友達とお酒飲んだりごはん食べたりする時間は?

加藤:ほとんどなかったですね。

林:すぐ週刊誌に撮られちゃいますもんね。

加藤:そうなんです。だから外に出るのがおっくうになってしまって。

林:アナウンサーってマネジャーもいない普通の会社員なのに、大変ですよね。自分の生活なんてなかったんじゃないですか。

加藤:なかったですね。でも、当時はそれ以上にお仕事を頑張りたいという気持ちが強かったので。

週刊朝日 2016年12月9日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい