院長が“お山の大将”だから…いまだ続く「ドクハラ」の実態

2016/11/25 07:00

 本来、医師と患者は二人三脚で治療を進めるもの。だが、医師の心ない言葉や態度で患者が傷つく、“ドクターハラスメント(ドクハラ)”がいまだ存在する。

あわせて読みたい

  • 患者との関係は変化した…医師専門サイト「メドピア」社長が明かす

    患者との関係は変化した…医師専門サイト「メドピア」社長が明かす

    週刊朝日

    8/29

    「医師に見放されちゃったんじゃないか?」と不安ながん患者 医師の耳の痛い現実とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「医師に見放されちゃったんじゃないか?」と不安ながん患者 医師の耳の痛い現実とは?

    dot.

    10/25

  • なぜ「がん難民」は生まれる? 医師が指摘する2つの理由

    なぜ「がん難民」は生まれる? 医師が指摘する2つの理由

    AERA

    9/13

    「なぜわからない!」「いつも高圧的」 医師と患者、ジレンマの原因は意外なところに

    「なぜわからない!」「いつも高圧的」 医師と患者、ジレンマの原因は意外なところに

    AERA

    9/19

  • 「セカンドオピニオン」、主治医は不快になる? ならない? 医師の“本音”

    「セカンドオピニオン」、主治医は不快になる? ならない? 医師の“本音”

    週刊朝日

    5/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す