「銀座では百貨店をやらない」時代に起きた“閉店ドミノ”

2016/11/07 07:00

「安物買いの銭失い」には慣れたもんだが、買うならやっぱりいいモノが欲しい。そんな願いをかなえる百貨店がアナタの地元にもあったはず。だが何か変だ。地方で老舗の閉店が相次ぎ、あの松坂屋が東京・銀座で百貨店をやめ、新業態で船出するという。百貨店の灯は消えるのか。

あわせて読みたい

  • 「小田急が何かをやりたがっている」苦境続く百貨店各社の次なる一手は?

    「小田急が何かをやりたがっている」苦境続く百貨店各社の次なる一手は?

    週刊朝日

    11/7

    百貨店がモノを売らない時代に 今のデパート、トレンドは?

    百貨店がモノを売らない時代に 今のデパート、トレンドは?

    週刊朝日

    12/18

  • 複合店とネット台頭に加え、百貨店の弱体化を招いた「王族意識」

    複合店とネット台頭に加え、百貨店の弱体化を招いた「王族意識」

    週刊朝日

    11/7

    「必需品ってそもそも何?」休業要請の曖昧な線引きに銀座の商業施設で憤りの声

    「必需品ってそもそも何?」休業要請の曖昧な線引きに銀座の商業施設で憤りの声

    dot.

    4/30

  • 田原総一朗「ホテル・百貨店を揺るがす食材偽装の『真犯人』は誰だ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「ホテル・百貨店を揺るがす食材偽装の『真犯人』は誰だ」

    週刊朝日

    11/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す