北原みのり「廃れていくと思っていたら…」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「廃れていくと思っていたら…」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性の「買春文化」はどうなっていくのか? (※写真はイメージ)

男性の「買春文化」はどうなっていくのか? (※写真はイメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回北原氏は、男友だちが連れ添ってキャバクラや風俗に行くことをテーマに筆をとった。

*  *  *
 終電間際の山手線で、酔っ払った若い男たち(20代後半くらい)が乗ってきた。大きな声で「○◯ちゃん、かわいいな~」「お前等も、もっと遊べよ~」、ギャハハ~!というノリから、キャバクラ帰りか、または風俗帰りか、とにかくみんなで揃って「女の人のいる」場所に行ったのだということが伝わってきた。

 また別の日、出張先でフェリーに乗っている時に、ほぼ満席の船内で、ビールを飲みながら大声で話している集団がいた。「◯◯ちゃん指名する?」「おっぱいがいい」「今晩はみんなでエッチなところ、行きましょうっ!」。どうやらみんなでデリヘルを呼ぶ相談をしている。世代は30代から40代で、会社の慰安旅行のようだ。船内販売の女性がくると「お姉さんお姉さん」とはしゃいだり「お姉さん、コイツに話しかけちゃダメだよ、妊娠するよ」とからかって盛り上がっていた。

 また別の日、知人の女子学生と話している時、「同級生の男子がキャバクラに行っている」という話になった。え? 大学生が?と心から驚いたのだけれど、そう珍しいことではないという。それも一人で行くのではなく、男友だちと連れ添って「遊びに行く」ものなのだとか。「お金かかるじゃん!」と聞けば「安いキャバクラもあるし、アルバイトしてるから、お金は持ってるし」とのこと。

 男たちが連れ添ってキャバクラや風俗に行くなんて、昭和のオジサンたちの文化で、次第に廃れていくものだと思っていた。ところが最近、続けて出会うのは、公共の乗り物で酔っ払って買春の話をする若い男集団や、大学でキャバクラ通いを語る男子大学生の話だ。

 だいたい鉄道や船の中で、「おっぱい」「エッチ」「妊娠」なんて言葉を楽しそうな笑い声と共に大声で放つなんてこと、近年、オジサンだってなかなかしない(ですよね?)。こういうのを、性の解放というのだろうか。こういうのを、自由というのだろうか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい