平昌五輪特集

AERA dot.

堂本光一が明かした、理想の結婚相手は◯◯以外!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

堂本光一が明かした、理想の結婚相手とは?(※イメージ)

堂本光一が明かした、理想の結婚相手とは?(※イメージ)

 今年、デビュー20周年イヤーに突入したKinKi Kids。7月にはシングル「薔薇と太陽」が、9月21日には通算15枚目となるオリジナルアルバム「N album」がリリース。近年、個人での活動が目覚ましい二人だが、堂本光一が改めてKinKi Kidsについて語る。

──ここまで続けることができた要因は?

光一:いろいろあるとは思いますが、一番は皆さんのお力です。デビュー前から20年以上応援し続けてくださる方もいますし、ライブには親子連れやカップルも多い。いろんな方に支えられていると感じています。

──デビュー当時、今の自分やKinKi Kidsの姿は想像できました?

光一:いえ、全然。「明日の自分さえもわからない」という生き方をしているので。インタビューでよく「今後の目標は」とか聞かれるんですが、いつも「明日生きているかもわからない」と答えています(笑)。

──10年、20年後の姿は?

光一:もちろん想像できない(笑)。

──剛さんはどんな存在?

光一:いつも「仕事のパートナーです」って答えています。友達とも違うし。夫婦ですか? それはもちろん違います(笑)。嫌いなところとか、直してほしいところとかもありません。二人の関係は昔からこんな感じ、変わりません。

──「薔薇と太陽」はインパクトのある曲ですね。

光一:THE YELLOW MONKEYの吉井和哉さんが書いてくださった曲です。デモ音源で聞いた吉井さんの仮歌は独特の雰囲気や歌い回しがあって、それを取り入れつつ、自分なりの表現にしていくのが難しかったですね。真似してもつまらないし、我々の歌じゃなくなっちゃうし。模索しながら料理していくという感じでした。

──曲中で光一さんはダンスを踊り、剛さんはギターを演奏しています。

光一:実は最初は踊るイメージがわかなかったんですけど、ソロでお世話になったYOSHIEさん(ダンサー)に相談したら、すばらしい振りを作ってくださった。今はもう曲とダンスが一体になっている感じがします。

──私生活の楽しみは?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加