中村獅童 不良になりきれなかったのは母のせい? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

中村獅童 不良になりきれなかったのは母のせい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

ライブハウスで歌っていたら…(※イメージ)

ライブハウスで歌っていたら…(※イメージ)

 歌舞伎はもちろん、ドラマや映画でも引っ張りだこの中村獅童さん。林真理子さんとの対談で、学生時代の思い出や、亡くなった母親について語った。

*  *  *
林:中高はどちらに通われていたんですか?

獅童:僕は小中高と明星学園なんです。無着成恭(むちゃく・せいきょう)先生がいらしたころで、みんなで畑を耕したりしてのびのびとした校風でした。祖母は本当は暁星(ぎょうせい)に行かせたかったんです。勘三郎お兄さんはじめ、僕が子どものころは歌舞伎役者が行く学校は暁星だったので。でも僕、入学試験で「こっちからこっちまで走ってください」って言われて、一人だけ逆に走ったんです。当然落ちました(笑)。

林:そのころからみんなと同じことをするのがいやだったんですね。

獅童:歌舞伎役者がいっぱい通っている学校に、行きたくなかったんだと思うんです。なんか変な子だったみたいで。

林:でも、親が呼び出されるようなことはしなかったんでしょう?

獅童:いや、しょっちゅう呼び出されてました。遅刻は多い、勉強はしない、人の話は聞かない。目立ちたいから先生にちょっかい出してたし、本当にいやな子どもだったと思います。

林:お母さまはなんとおっしゃってたんですか。

獅童:そこらへんの竹をのこぎりで切って先生に渡して、「これで引っぱたいてください」って(笑)。

林:すごい。肝が据わってますね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい