中学時代はモテなかった? 菅田将暉「大阪では誰も僕のことを知らなかった」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中学時代はモテなかった? 菅田将暉「大阪では誰も僕のことを知らなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
俳優菅田将暉すだ・まさき/1993年、大阪府生まれ。2009年、特撮テレビドラマ「仮面ライダーW」でデビュー。13~14年の連続テレビ小説「ごちそうさん」に出演、13年の映画「共喰い」で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。映画「そこのみにて光輝く」(14年)で高崎映画祭最優秀助演男優賞など受賞。ドラマ「ちゃんぽん食べたか」「民王」(15年)、映画「ピンクとグレー」「暗殺教室─卒業編─」「ディストラクション・ベイビーズ」(16年)など出演作多数。公開待機作に「セトウツミ」(7月2日)、「何者」(10月15日)、「デスノート」(10月29日)、「溺れるナイフ」(11月5日)などがある。映画「二重生活」は6月25日全国公開(撮影/写真部・加藤夏子、スタイリング/伊藤省吾、ヘア&メイク/AZUMA[W])

俳優菅田将暉
すだ・まさき/1993年、大阪府生まれ。2009年、特撮テレビドラマ「仮面ライダーW」でデビュー。13~14年の連続テレビ小説「ごちそうさん」に出演、13年の映画「共喰い」で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。映画「そこのみにて光輝く」(14年)で高崎映画祭最優秀助演男優賞など受賞。ドラマ「ちゃんぽん食べたか」「民王」(15年)、映画「ピンクとグレー」「暗殺教室─卒業編─」「ディストラクション・ベイビーズ」(16年)など出演作多数。公開待機作に「セトウツミ」(7月2日)、「何者」(10月15日)、「デスノート」(10月29日)、「溺れるナイフ」(11月5日)などがある。映画「二重生活」は6月25日全国公開(撮影/写真部・加藤夏子、スタイリング/伊藤省吾、ヘア&メイク/AZUMA[W])

菅田:いやいや、そのころは何にも考えてなかったです。

林:でも、子役経験もないのにこの若さで「演技派」と言われて。

菅田:16歳から始めて、いま7、8年ですね。

林:そうか。若いけどキャリアはちゃんとあるんですね。今は次々とオファーが来るから、脚本とか企画書見るのが楽しいでしょうね。「次は何やろうかな」とか。

菅田:僕、企画書は見たことがないんです。今はそれよりも現場に行くことが大事だと思うので、その部分は信頼して事務所にお任せしています。

林:そうなんですか。でもこういう役はイヤだとか、ないんですか。

菅田:それはないですね。役者にとっていちばん無意味なのは、制限を設けることだと思っているので。

林:「こういうものをやりたい」というのは?

菅田:それは普段から事務所にお話ししています。僕、漫画が好きで、しょっちゅう漫画喫茶に行ったりするので、可能性がある作品があれば事務所に知らせたり。音楽でも舞台でも、「ああいうのいいですね」とか。そういう方向性は伝えて、共有しています。

週刊朝日  2016年6月17日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい