ウリはウザさ? ヒモを夢見たムロツヨシの下積み時代 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ウリはウザさ? ヒモを夢見たムロツヨシの下積み時代

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

俳優ムロツヨシ1976年、神奈川県出身。大学在学中に役者を志し、99年に作・演出・出演を行った一人舞台で活動を開始、映画「サマータイムマシン・ブルース」をきっかけに映像にも活動を広げる。連続ドラマ「悪党たちは千里を走る」(TBS系)に出演。「LIFE!~人生に捧げるコント~」(NHK総合、毎週木曜22時25分~)、連続ドラマ「重版出来!」(TBS系、毎週火曜22時~)に出演中。出演映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」が5月14日、「ヒメアノ~ル」が5月28日、「金メダル男」が今秋公開予定(撮影/植田真紗美、スタイリング/森川雅代、衣装協力/LANTIKI CENTRAAAAAL)

俳優
ムロツヨシ
1976年、神奈川県出身。大学在学中に役者を志し、99年に作・演出・出演を行った一人舞台で活動を開始、映画「サマータイムマシン・ブルース」をきっかけに映像にも活動を広げる。連続ドラマ「悪党たちは千里を走る」(TBS系)に出演。「LIFE!~人生に捧げるコント~」(NHK総合、毎週木曜22時25分~)、連続ドラマ「重版出来!」(TBS系、毎週火曜22時~)に出演中。出演映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」が5月14日、「ヒメアノ~ル」が5月28日、「金メダル男」が今秋公開予定(撮影/植田真紗美、スタイリング/森川雅代、衣装協力/LANTIKI CENTRAAAAAL)

ムロ:「ほんとに役者をやりたくて大学をやめるんだよな」「はい」って自問自答を繰り返して決断したので、その時の自分に恥をかかせたくないという気持ちでした。5、6年すぎてからは意地ですね。

林:それからオーディションもいっぱい受けたんですか。

ムロ:いっぱい受けて、ほとんど書類審査で落ちました。あとは小劇場に出たりして。

林:ムロさん、ご自分の容姿に特徴がないとおっしゃってましたよね。

ムロ:そう。黙って立ってるだけでカッコいい人でありたいと思っていたんですが、そうじゃないことが26、27歳でわかりました。それでこのウザさやよくしゃべることをウリにするしかないと思って、「ムロツヨシ」を連呼して「僕を使ってください」と言い続けたんです。

林:「ムロツヨシ」って連呼するのは、恥ずかしくなかったですか。

ムロ:「カッコ悪いよ」と言われたことはあるんですけど、恥ずかしいとは思わなかったですね。とにかく役者を選ぶ時に思い出してもらえる人間になりたかったんです。

林:吉田羊さんにもここに出ていただきましたけど、吉田さんは「小劇場時代はすごく楽しくて、下積みとか苦労したとか思ってない」とおっしゃってました。

ムロ:僕は「楽しい」とは言い切れなかったですね。ごはんが食べられなかったので。

林:食べさせてくれる女の人とか、いなかったんですか。

ムロ:夢でした、ヒモになるのが(笑)。朝起きたら5千円置いてあって、その5千円を手にしてパチンコに行って、全部スって帰ってきて、女にメシつくらせて、「俺、役者だから」っていう生活。そんなことしてくれる人、現れませんでした。

林:それは残念でしたね。

ムロ:日雇いのバイトで1日1万円稼いで、パチンコでスってまたバイトして。そんなヤツ、誰もヒモにしませんよね。

週刊朝日 2016年4月29日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい