AKB卒業の高橋みなみ ベッキー後釜も政界入りも「ぜ~んぜんです」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AKB卒業の高橋みなみ ベッキー後釜も政界入りも「ぜ~んぜんです」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
歌手、タレント高橋みなみたかはし・みなみ/1991年、東京都出身。2005年、AKB48に加入。09年、チームAのキャプテンとなり、12年、AKB48グループ総監督に就任。300人以上のメンバーをまとめてきた。4月8日、AKB48を卒業し、卒業後はソロ歌手として活動する。著書に『リーダー論』、写真集に『たかみな』『写りな、写りな』などがある(撮影/写真部・加藤夏子)

歌手、タレント
高橋みなみ
たかはし・みなみ/1991年、東京都出身。2005年、AKB48に加入。09年、チームAのキャプテンとなり、12年、AKB48グループ総監督に就任。300人以上のメンバーをまとめてきた。4月8日、AKB48を卒業し、卒業後はソロ歌手として活動する。著書に『リーダー論』、写真集に『たかみな』『写りな、写りな』などがある(撮影/写真部・加藤夏子)

 AKB48グループの初代総監督としてメンバーを支え続けた高橋さん。4月8日、25歳の誕生日にグループを卒業します。対談を行なった作家の林真理子さんは彼女のリーダーとしての姿勢や考え方にしきりに感心した。

*  *  *
林:卒業後は、歌を中心に活動されるんですよね。

高橋:はい。一人の歌手として歌をやりたくて、卒業を決めたので。ただそれだけではなくて、MCなどもやらせていただく予定です。今は「卒業後初○○」というかたちのオファーをいただくことが多くて、AKBの10年分の貯金がおりてきた感じなんです。だから同じ方から次のお仕事を依頼していただけたとき、初めて「よかった!」と思おうと。今はただ、ありがたいと思って受けさせていただいています。

林:AKBで人気者だからといって卒業後必ず売れっ子になるわけじゃないから、厳しい世界ですよね。大島さんや前田さんのように女優さんとして着実に歩んでいらっしゃる方もいますが、なかには「あの人、どうしちゃったんだろう」という人もいますし。

高橋:グループって、やっぱりすごく恵まれているんです。所属していればAKBの名前で仕事をいただけますが、一人になったら個人が問われるわけで。ただ、私には10年分の後輩がいるので、後輩にいい背中を見せてあげなきゃと思っています。

林:総監督ですもんね。

高橋:はい。私が頑張らなかったら、「AKBで何年やってても意味ないじゃん」と思われますから。

林:ベッキーのあとの仕事がいっぱい入ってるという説もありますが。

高橋:その記事、見ました(笑)。ぜ~んぜんです。名前を挙げていただけるのはありがたいんですけど。

林:政界からも誘いが来ているという説も。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい