本当はうつや他の病気? 30~40代が陥る“認知症恐怖”

病気

2016/04/04 07:00

 若年性認知症という言葉が広がり、30~40代で「やばいっ、認知症かも!?」と恐れおののく人が少なくない。大事な仕事をうっかり失念したり、地名や人名がとっさに思い出せなかったりし、思わず自分のアタマを疑ってしまう。問題ないケースもあれば、受診したほうがいい場合もあるので要注意だ。

あわせて読みたい

  • 「認知症=絶望の病」は勘違い 薬より大事なことと身近なチェック

    「認知症=絶望の病」は勘違い 薬より大事なことと身近なチェック

    週刊朝日

    11/9

    見落とされがちな若年性アルツハイマー 遺伝的な要因も

    見落とされがちな若年性アルツハイマー 遺伝的な要因も

    週刊朝日

    10/12

  • 働き盛りを襲う若年認知症 「認知症でも働ける制度」知る事が重要

    働き盛りを襲う若年認知症 「認知症でも働ける制度」知る事が重要

    AERA

    11/12

    中学時代に親が若年性認知症に…介護を手伝う子どもの胸中は?

    中学時代に親が若年性認知症に…介護を手伝う子どもの胸中は?

    AERA

    11/10

  • 「脳は何歳になっても若返る」医師が教える「認知症」予防&治療

    「脳は何歳になっても若返る」医師が教える「認知症」予防&治療

    週刊朝日

    4/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す