35歳限界説はもう古い? 50代の「ミドル転職」が活況に

仕事

2016/03/04 07:00

 大手電機メーカーの電気設計エンジニアとして30年以上働き、開発部長の役職についていたAさん。しかし54歳のとき役職定年制がスタート。55歳になると役職がなくなるため、考えた末、転職を決意。転職サイトに登録した。

あわせて読みたい

  • 35歳限界説は今は昔の話 転職1200人大調査

    35歳限界説は今は昔の話 転職1200人大調査

    AERA

    5/18

    40代からの転職 地方企業が「適所」にも

    40代からの転職 地方企業が「適所」にも

    AERA

    2/13

  • 「35歳限界説」は崩壊? 転職の新たな流れとは

    「35歳限界説」は崩壊? 転職の新たな流れとは

    AERA

    2/11

    40代以降の転職のカギ「名刺複数枚持ち」とは?

    40代以降の転職のカギ「名刺複数枚持ち」とは?

    AERA

    5/22

  • 企業は「第二新卒求めてない」? 一方でニーズ高いのは

    企業は「第二新卒求めてない」? 一方でニーズ高いのは

    AERA

    2/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す