サイン掲げて「俺は待ってるぜ!」 御用達店主らの“清原愛” (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

サイン掲げて「俺は待ってるぜ!」 御用達店主らの“清原愛”

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイン入りグラブはどうなるのか(※イメージ)

サイン入りグラブはどうなるのか(※イメージ)

 覚醒剤所持容疑に続き、使用容疑で再逮捕された清原和博容疑者。甲子園歴史館、堺市役所はこのほど、清原のサイン入りグラブなどを撤去した。青少年への影響を考慮したという。

「もちろん賛否両論あります。再び飾るかどうかは未定です」(甲子園歴史館職員)

「応接室にグラブを展示していましたが、現在は保管場所を変えました。彼が社会復帰する際に、また飾る可能性はありますよ」(堺市広報課職員)

 一方で、地に落ちた清原のサインを飾り続ける店もある。西武ライオンズ時代から親交のあるオーナー、渡辺正司さんが営む「立ち飲みスタジアムなべちゃん」(東京都東村山市)。

 入店すると、サイン入りの写真がカウンターの中の目立つ場所に飾られていた。

「私は西武鉄道の元社員で、球場や遊園地で食堂をやっていた。清原が入団したときにデーブ大久保が連れて来て挨拶してくれたんだ」

 渡辺さんはしみじみと語る。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい