北原みのり「五郎丸は、悪くない!」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「五郎丸は、悪くない!」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
社会が痛みに鈍くなっている?(※イメージ)

社会が痛みに鈍くなっている?(※イメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。2015年も様々なことが起きたが、北原氏が振り返る。

*  *  *
 あけましておめでとうございます! と、スッキリおめでとーっ! と言いたい気分だけど、2015年が、あまりにも重かったせいか、新年に警戒心をどうしても持ってしまいます。

 2015年はほんと、政治に苦しめられた年だった。

 国に向かってあげる声が、届かない。智を積み重ねた論理ではなく、横暴な力の論理で物事が強引に進められていく。憲法を守らない政権が、安保法を可決させる。被災地のニュースは激減していくのに、汚染された土が詰まった黒い袋は増え続けている。原発事故は終わっていないのに、さらに原発を再稼働させる。1兆8千億円の運営費がかかるというオリンピックに、税金を支払う気力が心から失せる。辺野古を守ろうと人生をかけて闘う人の前で、サンゴ礁が壊されていく。「基地をつくるな」と声をあげる人を、東京から来た若い機動隊員が「粛々」と、2人がかりで拘束する。

 やだ……次々といやなことばかりが浮かんでくる。でも私、ほんと、政治が怖かった。言葉が、通じない。痛みが、通じない。声が、届かないことが。

 政治だけじゃない。社会の空気として、痛みに鈍くなっているのを感じる。

 12月に、ヘイトスピーチを剥き出しにした本が出版された。在日朝鮮人や難民、日本軍「慰安婦」にさせられた女性たちを嘲笑し、事実と全く違うことを、まるで「真実」であるかのように語り、憎悪をあおる本だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい