裸はタダ? 米プレイボーイの脱ヌードは功利主義の表れか 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

裸はタダ? 米プレイボーイの脱ヌードは功利主義の表れか

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
週刊プレイボーイ 2015年 11/9 号Amazonで購入する

週刊プレイボーイ 2015年 11/9 号
Amazonで購入する

 作家でコラムニストの亀和田武氏は、本誌連載『マガジンの虎』で、今回は雑誌「プレイボーイ」を取り上げた。

*  *  *
 朝日新聞10月14日の夕刊に“米プレイボーイ ヌード載せません”の見出しがあった。記事によれば、来年3月号からヌード写真は同誌から消える。

 ニューヨーク・タイムズの取材に「あらゆる性的な画像が無料で見られる時代に、そういう写真はもう古い」とCEOは答えたという。

 裸はタダで、ネットで見るもの。確かに現実はそうなんだろうけど、米国「プレイボーイ」CEOの功利主義を前面に出した発言は、なんだかヌードよりエゲツない。

 日本版の「月刊プレイボーイ」は、09年1月号で休刊になった。「週刊プレイボーイ」(集英社)は大丈夫か、と危ぶむ声もでるだろう。「週プレ」はこの秋、創刊49周年を迎えた。本家の“金髪ピンナップ”を踏襲した「月刊PB」とは早い時期から一線を画し、カジュアルな誌面を展開したことが生き残りの秘訣か。

 深田恭子が表紙の11月9日号には“VW偽装スキャンダル”や“マイナンバー”など他誌と重なる記事もある。しかし“UFO ツチノコ 超能力 埋蔵金 UMA×週プレの49年史”という回顧企画にもページが費やされ、小見出しには“見た!追った!捕まえた!……気がした”とあり、最後の“気がした”のフレーズに、「週プレ」の真髄がある、気がした。

 グラドルの水着写真が載る「週プレ」を買うのは恥ずかしく、遠くのコンビニを利用する。グラドル写真がメジロ押しの雑誌を買うなんて、中学生か高校生みたいだろ。

 とんだ勘違いだった。コンビニ店員は「あ、またオッサンが買ってくよ」と思っているのだ。「オッサンって、裸や水着が載った古くさい雑誌が、ホント好きだよな」と。

週刊朝日 2015年11月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい