東日本大震災で決意 限られた店にしか売らない今年誕生のワイナリー 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東日本大震災で決意 限られた店にしか売らない今年誕生のワイナリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
高橋葡萄園リースリング・リオン2014(白)2550円(税込み)[生産本数]1291本[品種]リースリング・リオン[ブドウの産地]岩手県花巻市大迫町[飲み方]冷蔵庫で2時間(写真:高橋葡萄園提供)

高橋葡萄園
リースリング・リオン2014
(白)
2550円(税込み)
[生産本数]1291本
[品種]リースリング・リオン
[ブドウの産地]岩手県花巻市大迫町
[飲み方]冷蔵庫で2時間
(写真:高橋葡萄園提供)

 フード&ワインジャーナリストの鹿取(かとり)みゆきさんが、日本ワインを紹介する。今回は、岩手県花巻市の「高橋葡萄園 リースリング・リオン 2014(白)」。

*  *  *
 この秋、岩手県花巻市大迫町に「高橋葡萄園」という小さなワイナリーが誕生した。設立したのは、高橋喜和さん。

 ワイン造りは、1年に1回だけ。人生で、あと何回だろうか。それならば、本当に造りたいワインを造ろう、と独立を決めた。

「本当は、もっと栽培に適した土地があるかもしれません。でも私は、自分が生まれ育った大迫で、自ら育てたブドウを使ったワインを造りたかった」(高橋さん)

 その矢先に東日本大震災が起き、岩手県も甚大な被害を受けた。しかし高橋さんの思いは揺らがなかった。地元の人たちと力を合わせ、大迫町を守りたいと思った。

 高橋さんのワインは、香りや味が薄まらないよう、加熱処理や濾過をせずに瓶詰めしている。そのため販売先が、温度管理ができるお店に限られるという不便もある。

 それでも、自分で育てたこの土地の果実の力を信じ、造り続ける。そんな高橋さんのワインは和柑橘の香りと鮮烈な酸を併せ持っている。

(監修・文/鹿取みゆき)

週刊朝日 2015年10月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい