肺結核に気づかず、自然治癒? 脚本家・山田太一の経験

2015/09/29 07:00

 テレビドラマの脚本や、『空也上人がいた』(朝日文庫)など多数の小説も執筆している脚本家の山田太一さん(81)。さまざまな療法でがんに立ち向かい、『死を生きる。』(朝日新聞出版)などの著書も多数ある名医・帯津良一先生(79)との対談で、肺結核にかかっていたことを明かした。

あわせて読みたい

  • 死ぬ瞬間を本人はわかっているのか 医師・帯津良一の意見
    筆者の顔写真

    帯津良一

    死ぬ瞬間を本人はわかっているのか 医師・帯津良一の意見

    週刊朝日

    6/29

    「一日生涯」が長生きの秘訣? 96歳元衆院議員が語る

    「一日生涯」が長生きの秘訣? 96歳元衆院議員が語る

    週刊朝日

    12/7

  • 81歳・山田太一「生死ごちゃまぜいいなと思う」

    81歳・山田太一「生死ごちゃまぜいいなと思う」

    週刊朝日

    9/29

    山田洋次監督「寅さんの死に方は見事だった」と語る

    山田洋次監督「寅さんの死に方は見事だった」と語る

    週刊朝日

    3/24

  • 「ころっと死ねる体操」創始者が語る“死”

    「ころっと死ねる体操」創始者が語る“死”

    週刊朝日

    1/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す