dot.[ドット]

「せんそう やめて」絵本を緊急出版

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

戦争と平和を見つめる絵本 わたしの「やめて」(朝日新聞出版)Amazonで購入する

戦争と平和を見つめる絵本 わたしの「やめて」(朝日新聞出版)
Amazonで購入する

 絵本作家の塚本やすしさんによる『戦争と平和を見つめる絵本 わたしの「やめて」』(朝日新聞出版)が11日、緊急出版された。

【特集ページ】安保関連法案に関する記事はこちら

 文は、京都大学の学生と教員を中心に結成された「自由と平和のための京大有志の会」の「声明書」を平易な言葉で書き直した「こども語訳」だ。

 せんそうは 「ぼくが ころされないように さきに ころすんだ」 という だれかの いいわけで はじまります

 前々から「日本は戦争を始めるのでは」と、危機感を抱いていた塚本さん。今年7月、こども語訳を知り、絵本にしようと決意した。

「安保法案が成立するかもしれない。その前に出版しようと、ほかの仕事を一時的にストップして集中して描きました。こんなことは、はじめて」

 戦争を「やめて」と叫ぶ男の子、女の子の表情はみな違う。

 1965年生まれで、母親から東京大空襲や戦時中の話をよく聞いていた。

「戦後70年たち、戦争を体験した人が減ってきました。伝え聞いた僕たちが、また次世代に伝えなければ」

 塚本さんの本を手にした、子どもたちが戦争と平和を語り合う日を夢見る。

(本誌・小泉耕平、平井啓子、一原知之、牧野めぐみ、古田真梨子、永野原梨香)

週刊朝日 2015年9月25日号

トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   安保法制 , 戦後70年 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加