専門家が「一度飲んだら忘れられない」日本一広いブドウ園の白ワイン 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

専門家が「一度飲んだら忘れられない」日本一広いブドウ園の白ワイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
日本で唯一無二の芳しい味…

日本で唯一無二の芳しい味…

 フード&ワインジャーナリストの鹿取(かとり)みゆきさんが、日本ワインを紹介する。今回は北海道浦臼町の「鶴沼ブラン 2013(白)」。

*  *  *
 北海道浦臼町に、日本一広いブドウ園がある。青い空のもと、延々と続くこの畑は、北海道ワインが管理する自社農園、鶴沼ワイナリーだ。敷地面積は447ヘクタール、実に東京ドーム95個分の広さである。

 土地の開墾から始めたのは1974年。美しいサンゴ礁で知られる沖縄・渡嘉敷村前島出身の今村直さんら7人が、原生林を拓き、ブドウを植え付けた。北国の鉛色の海を初めて目にしたとき、今村さんは「地の果てに来た」と感じたという。最初の年にドイツから輸入した6千本の苗木は枯れ、残ったのはわずか300本。夏は汗まみれ、冬は慣れない雪に埋もれ、収穫にこぎ着けたのは、5年後であった。

「鶴沼ブラン」の原料は、当時も植え付けたゲヴュルツトラミネール種。優雅なライチ香は、この種特有のものだ。とろっとした質感に涼やかな酸がメリハリを与えるこのワインは、一度飲んだら忘れられない。日本で唯一無二の芳(かぐわ)しい味は、この畑で汗水流してきた人たちの苦労の証しだ。

(監修・文/鹿取みゆき)

週刊朝日 2015年9月11日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい