神田沙也加出演ドラマに「なんで歌い出すのか」問題勃発 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

神田沙也加出演ドラマに「なんで歌い出すのか」問題勃発

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ
神田沙也加スタイルブック『Dollygirl』Amazonで購入する

神田沙也加スタイルブック『Dollygirl』
Amazonで購入する

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「表参道高校合唱部!」(TBS系 金曜22:00~)について、こう批評する。

*  *  *
 高校の合唱部にスポットを当てたこのドラマ。合唱と言っても、「ハモネプ」系のアカペラコーラスで、今どきのノリだ。

 合唱部を立て直そうとがんばる主人公を演じるのは、芳根京子。いかにもNHKの朝ドラ的キャラだけど、初主演の新鮮味は十分。

 ただ、どうしても歌とドラマが合体した時に生じる問題がひとつ。それは、「なんでいきなりここで、歌い出しちゃうのか」問題なんである。

 常々タモリは、言っていた。「なんで撃たれて死にそうな恋人同士が3度(インターバル=二つの音の差)でハモるんだ!」

 ミュージカルに必ずつきまとうこの疑問が、このドラマにもあふれている。

 イジメにあい、引きこもっている元・合唱部員の家の前。主人公はひとり、2階の窓をみつめ、歌い出す。

 ふと、どこからか重なるソプラノの歌声。はっと振り返れば、道路には横一列に並んだ合唱部員たちが!声を揃え、美しく響き渡る「翼をください」……って、近所迷惑だから。よけい引きこもるから。

 イジメにあい(またイジメか、なんて学校だ)、なかなか試合に出られない野球部員。やっと立てた紅白戦のバッターボックス。

 しかし、彼の頭部を襲う危険球。紙一重でよけて倒れふす。その時だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい