「私を殺して!」 知花くららの祖父が生き残った沖縄戦

戦後70年

2015/08/15 11:30

 モデルで国連WFP日本大使の知花くららさん(33)は沖縄出身。那覇市に住む祖父、中村茂さん(86)は、沖縄戦での集団自決の生き残り。これまで沖縄戦のことを、祖父になかなか聞けなかったという知花さん。戦後70年の今年、当時の詳細なできごとや祖父の思いをじっくりと聞いた。

あわせて読みたい

  • 「命どぅ宝だよ」 知花くららの祖父に残る日本兵への怒り

    「命どぅ宝だよ」 知花くららの祖父に残る日本兵への怒り

    週刊朝日

    8/15

    “立派なおじいちゃん”は沖縄戦で自決した司令官だった

    “立派なおじいちゃん”は沖縄戦で自決した司令官だった

    AERA

    6/23

  • ミックスルーツを研究し考える「日本人とは何か」 社会学者・下地ローレンス吉孝<現代の肖像>

    ミックスルーツを研究し考える「日本人とは何か」 社会学者・下地ローレンス吉孝<現代の肖像>

    AERA

    7/17

    沖縄に駐留する米海兵隊の語られない真実 抑止力ない“幽霊師団”

    沖縄に駐留する米海兵隊の語られない真実 抑止力ない“幽霊師団”

    AERA

    5/11

  • コロナ禍の今読みたい!

    コロナ禍の今読みたい!"ひめゆり"だけじゃない沖縄戦75年目の真実、国家による壮絶マラリア禍

    BOOKSTAND

    6/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す