貫地谷しほり 朝ドラヒロイン選出の裏側語る (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

貫地谷しほり 朝ドラヒロイン選出の裏側語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ

貫地谷しほり写真集「二十歳」 (DVD付)Amazonで購入する

貫地谷しほり写真集「二十歳」 (DVD付)
Amazonで購入する

 連続テレビ小説「ちりとてちん」でヒロインを演じ、舞台などにも活躍を広げる女優の貫地谷しほりさん。作家・林真理子さんとの対談で、朝ドラの舞台裏を語った。

*  *  * 
林:貫地谷さんは、今年30歳なんですね。朝ドラの「ちりとてちん」でヒロインをされたときはおいくつだったんですか。

貫地谷:21、22歳ですかね。

林:朝日新聞が「心に残る朝ドラヒロイン」というアンケートをやってて、貫地谷さん、6位に入ってましたよ。

貫地谷:ほんとですか、うれしい。

林:1位が「おはなはん」で2位が「おしん」だったかな。

貫地谷:名作ばっかりですね。やっぱりホン(脚本)がすごかったんです。「また今週も泣いたね。こんなホンはないよ」って皆さんおっしゃってました。

林:あれは大阪のNHKの制作ですよね、大阪にマンションを借りて住んでらしたんですか。

貫地谷:そうです。歴代ヒロインが住むというウィークリーマンションにほぼ10カ月。マネジャーも違うフロアに住んでました。

林:そしてお仕事があるときは東京に帰ってきたり。

貫地谷:はい、週末とかに。でもあまり帰れなくて、家族が大阪に来たりしてました。

林:私、貫地谷さんってなぜかずっと沖縄出身だと思ってたんですけど、東京出身なんですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい