戦地に散った球児たち(6)<作家・木内昇>

2015夏の甲子園

2015/08/08 07:00

 昭和8(1933)年、延長25回に及ぶ伝説の準決勝で敗退した明石中。大投手の楠本保(14~43)を温存、2番手の中田武雄(15~43)が登板したのはなぜだったのか。ともに慶応大へ進み、楠本の妻が嫉妬したほど仲が良かった二人。戦地での最期も、連れ立つかのようだった。

あわせて読みたい

  • 戦地に散った球児たち(5)<作家・木内昇>

    戦地に散った球児たち(5)<作家・木内昇>

    週刊朝日

    8/8

    沖縄代表はかつて甲子園の土を持って帰れなかった? 高校野球のうんちく6連発を紹介

    沖縄代表はかつて甲子園の土を持って帰れなかった? 高校野球のうんちく6連発を紹介

    AERA

    8/13

  • 野茂そっくりで話題となったのは? 戦前にも存在した「トルネード投手」たちの記憶

    野茂そっくりで話題となったのは? 戦前にも存在した「トルネード投手」たちの記憶

    dot.

    5/29

    高校野球の「プラカードガール」はどうやって選ぶのか? 意外な甲子園球場の歴史

    高校野球の「プラカードガール」はどうやって選ぶのか? 意外な甲子園球場の歴史

    dot.

    8/2

  • 松坂大輔の球種読み「いけいけ」は外角、「狙え狙え」は? 甲子園での逸話

    松坂大輔の球種読み「いけいけ」は外角、「狙え狙え」は? 甲子園での逸話

    週刊朝日

    12/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す