淡路島男女5人殺害 「通報しないで」言い残した警官 (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

淡路島男女5人殺害 「通報しないで」言い残した警官

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

※イメージ

※イメージ

 そして、2月15日に再度、申し入れをしてパトロールを強化してもらうよう要請したという。

 2月16、17、20日の駐在所や洲本署とのやり取りを記したメモには次のように記されていた。

≪民事裁判が適切≫≪一般的に統合失調症など精神疾患があれば逮捕できない≫

≪Hに刺激を与えてないでしょうねと言われ、していないと答えた≫

 同21日午後2時ごろ、周辺をウロウロしていたH容疑者に睨まれた恒子さんが恐ろしくなり、110番通報したときのメモにはこう記されていた。

≪Hに睨まれたくらいで通報しないでと言い残して、駐在所の警官は帰った≫

 そして同22日には毅さんに対し、駐在所の警官がこう言ったという。

≪Hは先方さんの大事な息子。刺激しないで≫

 Aさんはこう言う。

「被害者として不安なのに、刺激するなとH容疑者側の肩を持つようなことばかり、警官は言う。根本的な解決にも動く気配はなく、裁判だ、市役所になどとたらいまわしにするようなことばかりで、不安は日々募っていきました」

(今西憲之、本誌取材班=牧野めぐみ、小泉耕平)

週刊朝日 2015年8月7日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい