石原慎太郎「交戦規定のタブー、おかしな話。今の自衛隊では命助からない」亀井静香とガチンコ対談 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石原慎太郎「交戦規定のタブー、おかしな話。今の自衛隊では命助からない」亀井静香とガチンコ対談

石原慎太郎いしはら・しんたろう/1932年、神戸市生まれ。一橋大学在学中に「太陽の季節」で小説家デビューし、68年、参院議員初当選。その後、衆院議員となり、運輸大臣などを歴任し、99年から東京都知事を13年務めた。2012年に国政復帰し、14年に引退。近著に『東京革命』(幻冬舎)(撮影/写真部・堀内慶太郎)

石原慎太郎
いしはら・しんたろう/1932年、神戸市生まれ。一橋大学在学中に「太陽の季節」で小説家デビューし、68年、参院議員初当選。その後、衆院議員となり、運輸大臣などを歴任し、99年から東京都知事を13年務めた。2012年に国政復帰し、14年に引退。近著に『東京革命』(幻冬舎)(撮影/写真部・堀内慶太郎)

亀井静香かめい・しずか/1936年、広島県生まれ。東京大学卒業後、警察庁に入り、79年、衆院議員。以降13回連続当選。運輸大臣、自民党政調会長などを歴任。2005年に自民党を離党し、国民新党を結党。現在は無所属。近著に『晋三よ!国滅ぼしたもうことなかれ~傘張り浪人決起する~』(エディスタ)(撮影/写真部・堀内慶太郎)

亀井静香
かめい・しずか/1936年、広島県生まれ。東京大学卒業後、警察庁に入り、79年、衆院議員。以降13回連続当選。運輸大臣、自民党政調会長などを歴任。2005年に自民党を離党し、国民新党を結党。現在は無所属。近著に『晋三よ!国滅ぼしたもうことなかれ~傘張り浪人決起する~』(エディスタ)(撮影/写真部・堀内慶太郎)

石原:いや、緊急事態だから、(法案成立まで)早いとこドンドンやれ。でも、亀ちゃんが改憲論者とわかってよかった。亀ちゃんと僕は大事な仕事も一緒にやってる。羽田空港の国際化ですよ。2000年、自民党政調会長だった亀ちゃんの部屋から2人で運輸省(現・国土交通省)に行って、次官を恐喝したんだ(笑)。ほとんど脅して、わずか15分の交渉で調査費をつけさせ、羽田空港D滑走路の着工につながった。

亀井:私は強権的な政治家じゃないんだけど、しょうがなしにね(笑)。こういう無茶な方が知事になったからできたんだ。

石原:横田基地でも闘ったよ。国民はほとんど知らないが、首都、東京の上空の制空権は今もほとんど米国が持っている。横田基地が所管する管制空域が「壁」になって、日本の飛行機は原則ここを自由に飛べない。日本の自立に関わる重大な問題なのに、東京都が黙っている必要はない。でも、外務省が腰抜けでどうしようもない。

亀井:慎太郎知事が闘って日米両政府は06年に横田基地の管制空域の一部(羽田空港の管制空域の西側に隣接する空域の約40%)を日本側に返還することで合意。米国から奪還した結果、羽田が国際化した。

石原:首相には横田基地の返還をナショナルイシューとして取り組んでもらいたい。僕はね、これまで国が滅びるのを2回見た。ひとつはベトナム。1966年末、クリスマス停戦を取材するために現地へ行き、サイゴンで何人かの知識人と会った。彼らは何ともシニックな姿勢で、亡国の瀬戸際にありながらただ傍観しているだけ。知識人の無力さに固唾をのむ思いがした。もうひとつは、中国に滅ぼされたチベット。多くの知識人がその存在を忘れかけている。悲しいことだが、日本の状況も似ている。亡国の本質とは、自らの属する国家の歴史へのノンシャランス(無関心)にある。歴史から日本の立ち位置を考え直す時が来ている。

(構成 本誌・古田真梨子、西岡千史)

週刊朝日 2015年7月24日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい