室井佑月「安倍さんのまわりにはろくな人がいない」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「安倍さんのまわりにはろくな人がいない」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍首相のまわりにはろくな人がいない?

安倍首相のまわりにはろくな人がいない?

 自民党内の勉強会「文化芸術懇話会」で報道機関に圧力をかける発言が出た問題。作家の室井佑月氏はこういう。

*  *  *
 これってさ、また馬鹿にされた、なんて軽い話じゃないよね。マスコミよ、拳を振り上げ怒り狂え。

 6月26日付の毎日新聞によると、

「安倍晋三首相に近い自民党の若手議員約40人が25日、憲法改正を推進する勉強会『文化芸術懇話会』の初会合を党本部で開いた。安全保障関連法案に対する国民の理解が広がらない現状を踏まえ、報道機関を批判する意見が噴出した」らしい。記事によると、出席議員から、

「マスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」

 という声があがったという。これこそマスコミの「存立危機事態」だわ。マスコミの存在や、その意味までが否定されたんだもの。

 いや、そんなことはないのか? 今回の出来事だって、マスコミのお偉いさんとご飯を食べにいって、

「お手柔らかに」

「そちらこそお手柔らかに」

 談笑、みたいなことで終わる話なんかいな。

 そこであたしは思っちゃったね。なぜ、そういったことを他国とやろうとしないのだろうか。それができたら、いきなり集団的自衛権の行使容認、なんて話になりっこないじゃない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい