網膜剥離のウーマン中川 “光”を放置して失明寸前に 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

網膜剥離のウーマン中川 “光”を放置して失明寸前に

このエントリーをはてなブックマークに追加
※イメージ

※イメージ

 痛みなどの予兆がなく、放っておくと失明を招きかねない網膜剥離の危険性が、改めて注目されている。網膜剥離と診断され手術を受けたお笑い芸人・ウーマンラッシュアワーの中川パラダイスさん(34)に話を聞いた。

*  *  * 
 なぜ網膜剥離になったのか。……思い当たることは特にないんですよね。去年の1月に左目が網膜剥離だと診断されてからすぐに手術し、5月には再手術をしました。

 今考えると最初の診断を受ける1カ月くらい前から見え方がおかしかった。徹夜をしてから外に出て太陽を浴びると、目の奥が痛かった。それから2週間後には、カメラのフラッシュのようなピカッとした光が視野の右上にちらつくようにもなりました。最初は目に色濃く映ってなかったその光も、時間が経つにつれ、だんだんと濃くなっていった。鏡を見ても表面的に異常がないから、目の奥に血がたまっているのかと思っていました。

 さらに悪化して、今度は視野の右上3割くらいが真っ暗になった。

 さすがに病院で診てもらおうとマネジャーに相談すると、「スケジュールが詰まっているので1週間待ってください」と言われた。そうして結局1週間は普通に仕事を続け、入院直前には、3割だった暗さが7割にまで広がっていました。

 病院で網膜剥離と診断され、うそか本当かわかりませんが、お医者さんに「あと3日遅かったら失明していた」と言われました。僕はこれ、「お医者さんあるある」だと思っています。「あと1週間遅かったら手遅れだった」とか、お医者さんは大げさに言いたがる(笑)。

 2回の手術のうち、1回目は「THE MANZAI 2013」で優勝したすぐ後の大事な時期でした。1週間くらい入院して戦線離脱することがわかり、相方の村本(大輔)にはすぐに電話で「ごめん、手術せなあかん」と伝えました。網膜剥離の手術が終わった後も、すぐに「手術終わったよ」と村本にメールしました。そしたら、あいつから「目が治って視界が広がるときには、俺らがスターダムに上がっている絵を見せたるわ」とか返ってきたんですよね(笑)。

週刊朝日 2015年6月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい