オリックス監督“休養”問題 東尾氏「根本的解決にならない」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オリックス監督“休養”問題 東尾氏「根本的解決にならない」

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修

 森脇浩司監督の休養発表に伴い、監督交代が噂されるオリックス。東尾修元監督は、トップの変更に根本的解決にならないと厳しい言葉を送る。

*  *  *
 オリックスの森脇浩司監督が今月2日に成績不振を理由に休養を発表した。「私が身を引くことが一番いい方法」「私の力不足」と一身に責任を背負った発言だった。現場を預かる監督として、成績が出なければ責任を取らねばならない。勝負の世界。監督はその覚悟を誰しも持っている。

 最大の誤算として、中島、ブランコ、小谷野、バリントンの新加入4選手が相次いで離脱したこと、FA残留したエースの金子も手術した右肘の経過が思わしくなかったことがあげられている。加えて、馬原、佐藤達、平野佳、比嘉の救援陣も不振や故障があって、全員そろうことはなかった。だが、そこにも反省点はフロント、首脳陣、選手それぞれの立場である。

 大金をはたいた補強は、フロントの優勝への強い意志であることは間違いないが、獲得したことだけで安心してはいなかったか。危機管理。全員が共倒れする現状や不振に陥ることを想定し、代わりに出場機会が減る選手に新たな役割を与え、モチベーションを保つ努力をコーチ陣はしてきたか。選手でいえば、控えも含めて出場機会を本気でうかがい、その準備をしてきたのか。救援陣でいえば、昨年の勤続疲労を考え、トレーニング面も含めて疲れを抜く調整を行ってきたのか。すべての問題点を浮き彫りにして、改善を図る必要がある。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい