国際ルール変更で銀行が住宅ローンを抑制する?

2015/05/28 07:00

 日経平均が2万円を超え、日本の株価をけん引する自動車、メガバンクが過去最高益を更新した。そんななか世界で金融の“国際ルール”変更が進んでいる。決まると、異次元の金融緩和どころか、国債暴落(金利上昇)の恐れも出てくるという。

あわせて読みたい

  • ギリシャの次の危機シナリオ くすぶるマネー大逆流リスク

    ギリシャの次の危機シナリオ くすぶるマネー大逆流リスク

    ダイヤモンド・オンライン

    7/6

    ギリシャより日本のほうがひどい…PB赤字をエコノミスト指摘

    ギリシャより日本のほうがひどい…PB赤字をエコノミスト指摘

    週刊朝日

    7/2

  • トランプ政策で暮らしどうなる? 住宅ローンの借り換えは今年前半までに!

    トランプ政策で暮らしどうなる? 住宅ローンの借り換えは今年前半までに!

    AERA

    2/25

    長期金利上昇で住宅ローンに影響 注意すべき金利「1%の壁」とは?

    長期金利上昇で住宅ローンに影響 注意すべき金利「1%の壁」とは?

    AERA

    8/8

  • 住宅ローン「史上最低水準の金利」の今後 “現場の感覚”は…

    住宅ローン「史上最低水準の金利」の今後 “現場の感覚”は…

    AERA

    10/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す