ここ10年で進歩 がん患者が子どもを授かるには…

がん

2015/05/13 11:30

 卵子や精子の凍結保存により、近年、がん患者にも子どもを授かる確率が高くなっている。がん患者の妊孕性(にんようせい)を保持するうえで、課題となることは何か。NPO法人「日本がん・生殖医療研究会」理事長でもある聖マリアンナ医科大学病院産婦人科診療部長の鈴木直医師に聞いた。

あわせて読みたい

  • がんになっても出産の希望を失わない

    がんになっても出産の希望を失わない

    AERA

    7/8

    がん治療で不妊に でも子どもをあきらめなくていい?

    がん治療で不妊に でも子どもをあきらめなくていい?

    週刊朝日

    5/13

  • その病院にかかっていなくても、がんの相談ができる窓口は?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

    その病院にかかっていなくても、がんの相談ができる窓口は?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

    dot.

    10/29

    注目の技術「卵子凍結」は何個するのが妥当?

    注目の技術「卵子凍結」は何個するのが妥当?

    AERA

    8/6

  • 原発不明がんでも治療できる? 希少がんとは?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

    原発不明がんでも治療できる? 希少がんとは?【今さら聞けないがんの疑問に答えます】

    dot.

    10/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す