能年玲奈が社長に就任 「独立説」の陰に謎の女性 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

能年玲奈が社長に就任 「独立説」の陰に謎の女性

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

能年が社長を務める会社は住宅街の一角にある (c)朝日新聞社 

能年が社長を務める会社は住宅街の一角にある (c)朝日新聞社 

 じぇじぇじぇ。能年玲奈(21)が会社を作って、代表取締役に就任だって! NHKの朝ドラ「あまちゃん」で大ブレークした能年が、「株式会社三毛andカリントウ」を設立した。

 登記簿によると、今年1月21日に設立。東京都世田谷区に本店を置き、「タレント、俳優、歌手などの養成およびそのマネージメントに関する業務」「ファンクラブの管理」「芸能プロダクションの経営」などを目的としている。芸能プロ関係者が言う。

「能年が代表取締役、T氏という女性が取締役に名を連ねているため、“近いうちに、独立するのでは”という噂が広まっています」

「あまちゃん」の後には、映画「ホットロード」「海月姫」に出演。日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞し、「ドラゴンクエスト」などのCMにも出演しているため、順風に見えたが、芸能記者はこう語る。

「あまちゃん出身で、出世頭は福士蒼汰(21)や有村架純(22)。能年は若干出遅れ、事務所があまちゃんのイメージを払拭しようと仕事選びに慎重になり、露出が減ってしまい、うまくいかなかったと言われています」

 共に会社を作った“T氏”とは、どんな人物なのか。別の芸能関係者が語る。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい