海外の濃縮果汁を水で薄めて発酵…それでも“日本のワイン”?

2015/04/28 07:00

 ワイン好きの間で、100%国産ブドウが原料の“日本ワイン”が人気を集めている。生産量はまだ多くないものの、独特の存在感を放つ。支えるのは、若手の生産者らを中心とする新興ワイナリーだ。コンクールでも受賞を重ねるなど、キラリと光る日本ワインのいまを探る。

あわせて読みたい

  • 神奈川県にあるワイン生産量日本一の自治体は?

    神奈川県にあるワイン生産量日本一の自治体は?

    dot.

    7/18

    取引打ち切りでも信念貫く 井筒ワイン「NACメルロー」

    取引打ち切りでも信念貫く 井筒ワイン「NACメルロー」

    週刊朝日

    5/9

  • 「日本ワイン」はなぜおいしくなった? その背景にいたキーパーソンとは

    「日本ワイン」はなぜおいしくなった? その背景にいたキーパーソンとは

    AERA

    12/1

    日本ワインがおいしくなったこれだけの理由

    日本ワインがおいしくなったこれだけの理由

    AERA

    11/27

  • アルコール業界の“希望の星” 国産とは違う「日本ワイン」が空前の量産体制へ

    アルコール業界の“希望の星” 国産とは違う「日本ワイン」が空前の量産体制へ

    AERA

    11/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す